天鼓祭

持続可能社会の未来を現在の想像から考える

2:Days 2016. 5. 21 Sat. - 22 San.

やくしま/屋久島総合自然公園

『屋久島天鼓祭2016 ~がんばろう口永良部島~』
開催中止の発表


この度、九州地区を襲った熊本地震により被災されました皆様につきましてはお見舞い申し上げますと共に、お亡くなりになられた方につきましても併せてご冥福をお祈り申し上げます。

私達、天鼓祭実行委員会はこの度の震災をうけ、今日まで開催についての様々な方法論を模索してまいりました。
しかし、今日まで収束に向かう気配もなく、非常に緊張した状況が続いております。
そこで今回の開催予定でありました『屋久島天鼓祭2016 ~がんばろう口永良部島~』につきましては、開催を見送る方向で決定しました。

私共も開催を心待ちにしておりましたが、何より九州地区で天鼓祭に行く事を楽しみにしていたファンの皆様の中に、来られなくなってしまったファンの方々、被災してしまった方々がいらっしゃるであろうことを大変憂慮しております。

その状況を踏まえて、今回中止の決断を致しました。
今後、ツアーの払い戻しなど順次対応してまいりますので、今しばらくお待ちください。
また、今後の開催につきましては現在未定となっております。

今後の対応及び予定に関しましては、公式サイトにて発表いたします。
何卒、御了承頂きます様お願い申し上げます。
EVENT LINEUP ACCESS INFO PHOTO'S

EVENT to TOP

やくしま天鼓祭2016

[開催日時]
平成28年5月21日(土)22日(日)

[会場]
屋久島町総合自然公園(天鼓祭特設ステージ)
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦2077-11

[入場料]
¥5,500(1DAY) |  ¥3,500(2DAY)
¥7,000(2DAY通しTicket)
※雨天決行(荒天の場合は中止)
※ツアー代金別(屋久島渡航用フェリー/宿泊等)


[チケット付きツアー発売日]
3月11日(販売:近畿日本ツーリスト

[開催日時]
5月21日 土曜日 11:00開場 14:00開演 16:30終演 20:00閉場
5月22日 日曜日 9:30開場 11:00開演 19:00終演 20:00閉場

[主催]
屋久島天鼓祭実行委員会

[後援]
鹿児島県(予定)、屋久島町
MBC 南日本放送、KTS 鹿児島テレビ、KKB 鹿児島放送、KYT 鹿児島読売テレビ

[特別協賛]
エリストフ ウォッカ

[協賛]
近畿日本ツーリスト、DAIRY屋久島縄文水、折田汽船株式会社、株式会社ダブルケイ、モンスターエナジー

[協力]
キョードー西日本、ディスクガレージ、株式会社トラックダウン、スティールストリート、博報堂鹿児島営業所、株式会社大広九州 NPO 法人グリーンバード、屋久島観光協会 屋久島観光センター、株式会社アップスタート、HOTEL&RESIDENCE 南洲館、GREEN GUEST HOUSE、改全石鹸、WATOWA、WEEKEND WARRIOR

オフィシャルサイト:
http://www.yakushimatenkosai.jp

※会場は雨の多い場所になりますので、
 ご来場の際は雨対策をしっかりとご準備ください。



Facebook

七千年前の自然が残る屋久島の民話“天鼓”と“太鼓岩”

誰もいない森の深くから聞こえてくる祭ばやしがテーマの民話“天鼓
太鼓のような音がなるポイントがある巨石“太鼓岩

屋久島に伝わる民話と不思議な巨石に共感しイベントのタイトルにさせて頂きました

私達は2011年より「天の遊び」をキーワードに世界自然遺産の屋久島から未来にむけて今現在を考え
この時代の可能性を将来の次世代に伝えていく事をコンセプトに本イベントを設立いたしました


屋久島天鼓祭実行委員会STAFF一同

屋久島とは

鹿児島県の最南端・佐多岬から南南西約60kmに位置する洋上の森林地帯

島の周囲は約132km、面積約500キロ平米の約9割が森でおおわれています
中央部には九州最高峰の宮之浦岳をはじめ1800mを超える山々
林立する樹齢数千年の屋久杉、美しく苔むした神秘の緑の世界

屋久島だけに生息するヤクシカ、ヤクザル、アカヒゲ、カラスバト・・・。
黒潮が踊る亜熱帯にありながら、亜寒帯に近い気候まで
日本の自然がぎゅっと圧縮されている島は、
1993(平成5)年12月に世界自然遺産に登録された人気登山エリアです。

島の特徴

月に35日雨が降る」と言われるこの島。
屋久島は天気の変化が激しく雨が降りやすく、特に島の南部や東部は雨が多いとされています。
天気予報も北東側沿岸以外の地域ではあまり参考になりません。

 

装備及び持ち物
※春~秋の日帰りトレッキングにおける装備例です。


登山靴かトレッキングシューズがベストです。

パンツ
ストレッチ素材のゆったりとしたものならジャージでも何でも構いません。
※デニムのジーンズなどは、雨に濡れると足が上がらなくなるので避けた方が良いでしょう。

上 着
暑い時期でしたら半袖か長袖のシャツ、寒い時期でしたらフリース素材の
ジャケット等を一枚持つと良いでしょう。

その他
手袋タオル及び着替え等を用意しましょう。

ザック(リュックサック)
・20~30リットルぐらいの大きさの物をお勧めしますが、お弁当や着替え、
 雨具等が入るサイズでも十分です。
・濡らしたくない物は、ビニール袋などに小分けして入れておくと雨の日も安心です。

ザックカバー
・雨の日に備え、必ず持つようにしましょう。
必ずレインウエアは持って来てください!!

トイレ、ゴミは必ず指定された場所へ!!

持続可能社会の未来を現在の想像から考える

2011年より「天の遊び」をキーワードに、屋久島で天鼓祭を開催してきました。

その目的は世界自然遺産の屋久島から未来に向けて、

持続可能な社会創りを次世代に伝え残して行く事です。

がんばろう口永良部島

昨年5月、屋久島の西側に位置する、屋久島町口永良部島地区の火山が大噴火をおこしました。

現在、避難勧告も解除され順次帰還されていますが、この噴火により観光産業も大打撃をうけました。

「がんばろう口永良部島、がんばろう屋久島!」

をスローガンに、天鼓祭は島民の方々を応援していきます!

LINEUP to TOP

2016 Lineup
1Day- Rock In Yakushima -

Live stage

MAN WITH A MISSION
MAN WITH A MISSION

頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド、MAN WITH A MISSION。
5年前に突如音楽シーンに登場。日本武道館、横浜アリーナ、幕張メッセ、さいたまスーパーアリーナでのそれぞれのワンマン公演を即日SOLD OUTするなど、ライブでの快進撃はとどまる事を知らない。

2014年3月には初のコンセプトアルバム『Tales of Purefly』をリリース。
その後初の全米ツアーを敢行、全米デビューも決定など、活動をワールドワイドに拡げている。
2015年2月リリースのシングル『Seven Deadly Sins』は自身最高位オリコン2位を記録するなど、今後のロック界を牽引する、注目度NO.1のロックバンドである。

official site:http://www.mwamjapan.info


MONGOL800
MONGOL800

●上江洌 清作(ウエズ キヨサク)(Ba&Vo)
●儀間 崇(ギマ タカシ)(Gt&Vo)
●髙里 悟(タカザト サトシ)(Dr&Vo)

1998年夏、高校在学中に現在のメンバーにより結成。沖縄出身・在住。
2001年9月リリース2ndアルバム「MESSAGE」はインディーズアルバム史上初となるオリコンチャート1位を獲得。
生まれ育ち現在も生活の拠点である沖縄から発信する自然体の言葉、平和を願うメッセージが多くの人々の共感を呼び起こし、世代を超え、熱い支持を得ている。
以来、アルバムリリース、全国ツアーや離島ツアー、数々の大型フェス出演などを勢力的に行うかたわら、世代・ジャンルを超えたアーティストとのコラボや楽曲提供、自主企画のイベント開催など、近年はアジア諸国での音楽活動も視野に入れ、バンドシーンの中でも唯一無二のスタンスで、独自の音楽活動を展開している。

2015年7枚目のオリジナルアルバム「People People」をリリース。
「MONGOL800 People People TOUR 2015」にて全国を駆け巡る。

ラジオレギュラープログラム MONGOL800 “What a Wonderful World!!”JFN系列全国24局ネットで放送中。
Official web site: http://www.mongol800.jp
twitter.com/MONGOL800_info
facebook.com/mongol800info


10-FEET

official site:http://www.10-feet.com

1997年に地元京都で結成。
シンプルな3ピースという形態でありながら、メロコアと言うジャンルでは既に括る事のできない音楽性は、ROCK、PUNK、HEAVY METAL、REGGAE、HIP HOP、GUITAR POP、BOSSA NOVA等のジャンルを10-FEET流に取り入れ、幅広い独自のものを確立している。
また年間100本近い精力的なライブ活動も、その迫力満載のライブパフォーマンス、人間味溢れる、深いメッセージが込められた歌詞、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振りまいている。
エンターテイナー性溢れるその活動スタイルを徹底している。
さらにその活動は日本はもとより、アメリカツアー、韓国、台湾でもライブを行い、音楽の力で国境を越える事ができる日本では数少ないバンドである。
また、自身で主催するフェス「京都大作戦」も大成功におさめている。


2ndDay- 未来ステージ -

未来stage:Yoga stage

絢子(あやこ)

大学を卒業後、広告代理店に就職。その後仕事を辞め、2009年渡米。
ハワイにてヨガと出逢い、様々な経験を通し「ヨガを通した社会貢献をライフワークとすること」を決意し、日本のヨガ業界へ。
2011年ライフスタイルヨガスタジオOPEN SPACEを鹿児島に設立。(マネージャー 兼 講師)ヨガを伝える場所を提供しながら、指導者としてもヨガの智恵を分かち合いたいと様々なクラス・プロジェクトを展開。
鹿児島・東京を中心に全国で活動。ヨガの普及に尽力し、アジア最大級のヨガフェスタではクラスを担当、鹿児島では地元企業とタイアップしイベントでクラスを担当。その他テレビ・雑誌・ラジオにも出演。 
2013年ヨガウェアブランドYOGATEKO®を設立。(マネージャー 兼 デザイナー)
日本と日本、そして世界と日本をつなげ、母国に貢献したいという思いのもと、世界に誇る”メイド・イン・ジャパン”を、全世界に発信し続けるヨガウェアブランドYOGATEKO®を立ち上げる。
日本人が手間暇かけてつくる真の価値は何なのか…。「使い継いでいけるもの」を後世に残すことを信念に、糸から日本で紡ぎあわせ、1本の糸づくりからすべて日本人の手で作り上げるブランドを展開。現在では、国内のみならず、海外への販売も行っている。


未来stage:Live

津軽三味線奏者 石井秀岱

8歳より津軽三味線を始める。津軽三味線石井流家元、石井秀弦に師事。
16歳で名取「石井秀岱」を命名。現在は、石井流師範を務める。
海外公演なども積極的におこない、当時(1996)では初めてのスタンディング演奏、津軽三味線グループ『DADAN(打弾)』として、ハワイのアラモアナショッピングセンターで演奏、大喝采をあび、地元メディアからも賞賛される。その後、中国の北京、大連でも同じく好評価を得る。
2012年、フランス・パリではOECD日本政府代表部大使公邸で行われた大規模レセプションのスペシャルゲストとして演奏、各国VIPからも惜しみない喝采を浴びる。
2015年6月は南米ブラジル3都市(リメイラ、カンピーナス、スマレー)にて5公演を成功させ、すべての会場にてスタンディングオベーションの大喝采をあびる。
日本の伝統・魂は国外においても大きな魅力として異国の人々の心に深く印象づけられ、伝統芸能継承者としてボーダーレスな感性が受け入られた事に深く感銘を受けた。
斬新な演奏スタイルは各界から高い評価を得て、世界各地にて演奏活動の場を拡げている。また、津軽三味線全国大会(日本国内)においても団体の部で幾度となく優勝する評価を得ている


なーや
なーや

屋久島の水晶との出会いから、ご縁に導かれクリスタルボウルの音を紡ぎだす。

水晶からできているクリスタルボウルの音は、耳では聞こえない音とも融合し、空間、大地、生き物の振動と共鳴し、壮大でありながらもマクロな宇宙の交響曲となり、心と身体に響いていきます。

年間約4ヶ月、全国はもとより海外でのツアーも精力的に行っている。

http://kaihoya.blog53.fc2.com


屋久島太鼓保存会

昭和52年6月設立。地域の祭事等(行事や祭礼、イベント、祭り、観光キャンペーン、ボランティア活動など)に積極的に参加し、太鼓の演奏を通じて地域活性化、地域振興の一助となるべく活動しています。
また、毎年「ご神山祭り」「益救神太鼓年超祭」を執り行い、地域文化継承に努めています。
会員10名で発足した当保存会は、近年は会員も増えるとともに出演機会も増加し、特に子供太鼓は青少年育成活動の場にもなっています。

●屋久杉大太鼓「神鼓(しんこ)」
昭和62年製作。樹齢約3,000年の屋久杉を使用。長さ2m、口径1.8m、重さ1トン。製作費3000万円、製作者浅野太鼓店。
屋久杉の原型を生かした姿で仕上げられ、牛革が張られた表面は屋久島の形をした世界に唯一の太鼓です。
この神鼓は、屋久島最大の祭りである「ご神山祭り」の際、ご神太鼓を演奏する時に使用します。


未来stage:Talk Session

須藤 シンジ
須藤シンジ

NPO法人ピープルデザイン代表
http://www.peopledesign.or.jp

大学卒業後マルイに入社。宣伝、バイヤー、店次長などを歴任。次男が脳性麻痺で出生し、以来障害児の親として現行の福祉の世界のジミさを実感。
ボランティア活動等に参加しながら、自身が能動的に起こせる活動の切り口を模索。

2000年に独立し、マーケティングコンサルティング会社フジヤマストアを設立。商業施設をはじめとする多業種のブランディングディレクション、研修、企画・運営を手がけている。
2002年にソーシャルプロジェクト/ネクスタイド・エヴォリューションを開始。世界のトップクリエイターとのコラボレーションで、「意識のバリアフリー」をメッセージする活動を展開中。
また2010年からは、従来型の福祉的なアプローチと一線を画す「PEOPLE DESIGN(ピープルデザイン)」という新たな概念を立ち上げ、障害の有無を問わずハイセンスに着こなせるアイテムや、障害者を街に呼び込む為の各種イベントをプロデュースしている。
2012年4月には、特定非営利活動法人ピープルデザイン研究所を創設し、渋谷という街をベースに、そこに働く人と集う人々の行動をデザインすることで、ダイバーシティ/インクルージョンの街作りを目指して活動している


小橋 賢児
小橋 賢児

俳優、映画監督、イベントプロデューサー
 or
マルチクリエイター
official site:http://www.kenji-kohashi.com

1979年8月19日生まれ、1988年、芸能界デビュー。以後、岩井俊二監督の映画『スワロウテイルバタフライ』や NHK朝の連続小説『ちゅらさん』、三谷幸喜演出のミュージカル『オケピ!』など数々の映画やドラマ、舞台に出演し人気を博し役者として幅広く活躍する。
しかし、2007年 自らの可能性を広げたいと俳優活動を休業し渡米。

その後、世界中を旅し続けながら映像制作を始め。2012年、旅人で作家の高橋歩氏の旅に同行し制作したドキュメンタリー映画「DON’T STOP!」が全国ロードショーされ長編映画監督デビュー。
同映画がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてSKIPシティ アワードとSKIPシティDシネマプロジェクトをW受賞。

また、世界中で出会った体験からインスパイアされイベント制作会社を設立、ファッションブランドをはじめとする様々な企業イベントの企画、演出をしている。
9万人が熱狂し大きな話題となったULTRA JAPANのクリエイティブディレクターも勤めたりとマルチな活動をしている。


マリエ
マリエ

公式ブログ「Fashion Junk Food」http://yaplog.jp/marie-photo/
instagram:https://www.instagram.com/fashionjunkfood/

987年6月20日生まれ。
東京都出身。
フランス系カナダ人の父と日本人の母とのハーフ。
モデルとしての活動を10歳頃からスタートし、モデルやTVでのタレント活動後、
2011年渡米、 ファッション分野で著名な世界3大スクールのうち、
NY「パーソンズ美術大学」へ留学。ファションを専攻。
2013年には、NYへの留学から帰国したマリエが贈る、本の出版。現在、企業制服デザインやファッション専門学校で講師活動、ファッションウィーク東京にてオフィシャルアンバサダーに就任するなど活躍の場を広げている。
数々のデザイナー陣アーティストとのインタビュー/交流に強く影響を受け、
アート・ファッション・カルチャーに深い関心を寄せるようなる
趣味/映画、音楽、暗室作業、ギャラリー巡り。



未来stage:Art

坂巻善徳 a.k.a. sense

美術家、有限会社senseseeds代表
1971年12月生まれ。
美術作家、ライブペインターとしての活動を軸に店舗内壁画、グラフィックデザイン、プロダクトアートディレクション、クリエィティブコンサルティングなど様々な分野で多数のコラボレーション作品を制作、その作品を通して世界に<Peace&Happiness>を送り出し続けている。
2002年に開催した初個展『sensexperience』から美術家としての活動を開始。2006年にはアメリカ ポートランドCOMPOUND GALLERYにてグラフィティライターSTASHとの2人展『STASH & SENSE exhibition』を、2009年には台湾 台北でのソロエキシビション『SENSEXPERIENCE』を開催。日本国内のみならず海外でも活躍中の今後の活動から目が離せない美術家。
自身が代表を務める、アートなクリエイティブをコンサルティング及びプロデュースする会社【有限会社senseseeds】では、2008年に東京ミッドタウンが主催するデザインイベントにて『DESIGN TOUCH GARDEN』をプロデュース。『六本木アートナイト2010』では、アートと音楽を融合させたコンテンツ『Mid-Space』のクリエイティブディレクションや、都市型ロックフェスティバル「summersonic」にて、東京会場のメインゲートをデザインするなど、そのジャンルの枠にとらわれない制作活動は多岐に渡る。


奥田和久 KAZ
奥田和久 KAZ

福岡県出身。日本デザイナー学院を卒業後、デザイン会社「福岡県出身。日本デザイナー学院を卒業後、デザイン会社「24KARAT GRAPHICS」、「株式会社carve」に所属し、広告制作等にたずさわる。
その後、アーティストとして独立。
似顔絵、イラスト、デザイン、壁画、ライブペイントなどで活動。
似顔絵は、クラブイベントを中心に活動を行い、瞬時に相手の特徴をとらえ5分以内で制作するなど、他に類を見ないスタイルで行っている。
尚、壁画によって景色をデザインする壁画制作企画「city gallery」を進行中。
幼い頃から書き続けている絵と、与えてもらった技術で、人や物、音や場所など、全てを対象にコミュニケーションを続け、調和する事を目的とした絵や表現で、全てにとっていいものを目指し活動中。

facebook:https://www.facebook.com/kazuhisa.okuda.7


VJ WANBON

Master of ARTs (Royal College of Art, uk)美術/芸術大学や教育機関で様々な「ARTs」を教鞭したキャリア。
ワールド・ワイドに、オーバーグランドも、アンダーグランドにも、アートやクリエイティブな現場で活躍してきた実績と、作品力。
ポジティブな感性、独特な嗅覚、個性ある色彩センス。
そして、多面的な「ARTs」スキルを兼ね備えた藝術思想家、t.matsunoki(アーティスト/vegan)によるヴィジュアル・ヒーリング・プロジェクション「あなたの可能性を可視化する」プライヴェート・コンサルテーション・VJライブmix


Club time

STEPHANE K

1996年以来、常に新しいスタイルのハウスミュージックを追求し、多大な影 響力を持つミュージックプロデューサー Stephane K。
New Yorkのハウスシー ンにおいて彼がもたらした功績は誰もが知るところである。Stephaneは彼のパートナーであるJohn Creamerと共に2001年度にSatellite Records傘下のPipelineから数曲のメガヒットリミックスをプロデュースし、プロデューサーとしての名を世界に轟かせることになった。
その後、IIO ”Rapture”のRemixが世界中で大ブレイク!アナログ盤にもかか わらず20万枚以上のセールスを記録、CD,コンピレ-ションを合わせると60万 枚を超える大HITとなり、イギリスのHITチャートの常連となる。
2001年にはMuzik Magazine Dance Awards 2001の“Remixer Of The Year”を獲得。リミキサーとして世界の頂点に立つ。
その後はNew Order, Sinead O'Connor, Moby, Crystal Method, Hybrid, Yoko Onoなどのメジャーアーティストから, Danny Tenaglia, Cevin Fisher, DJ VibeなどのTop DJのRemixまで手がける。
2002年、BedrockよりMix CDをリリース。2005年は、Malilyn Manson の“Nobodies”、TATUの”All About Us” のRemix, そしてオリジナルのRosko “Love Is A Drug”が全米ビルボード誌ダンスヒットチャートNo‘1獲得!


HIROTO
HIROTO

1990年頃からDJとしてのキャリアをスタート。
鹿児島のクラブシーン創成期に存在した多種多様なパーティーやイベントに出演し、県内外様々なクラブでプレイ。
2000年頃からはアパレルショップやミュージックバーなど自身のアイデンティティーをフルに生かしたショップの運営も手掛け、音楽を含めたオリジナルカルチャーを発信。

現在は”bar NINE"と"セルジュ"の2店舗を展開し、鹿児島は天文館のナイトライフを支えながら、自身もDJとしての活動をより精力的に行っている。
アダルティでスムースな選曲から、ダンスフロアを意識したシリアスなグルーブまで、奥深い感性で様々な現場に対応。
豊富なキャリアと自身の膨大な音楽アーカイブに甘んじる事無く、常に良質な音楽と新たな世界を求め続けている生粋のDJである。


Marc Panther
Marc Panther

official site:http://marcpanther.com

フランス・マルセイユ出身。父親がフランス人で母親が日本人のハーフ。
日本語、フランス語、英語のトライリンガル。
日本音楽史に名を残すユニット「globe」のメンバーとして活躍。 デビューアルバム「globe」は 400万枚、アルバムはわずか3作品で 1000万枚以上。 230万枚を記録した「DEPARTURES」を始め、多数のメガヒットシングルをリリース。
日本初の大阪、福岡、名古屋、東京 4 大ドームツアーを敢行。100 万人以上を動員。

globe の活動と並行して、地元フランスにて DJ /プロデュース活動をスタート。
ageHa、Womb、VISION 等、日本を代表するクラブの他、パリ、モナコ、ロスアンゼルス、台湾などでプレイ。
本場ヨーロッパのクリエイターと共に数々のリミックス作品を手がけ、2014年は globeの名曲の数々をマーク・パンサー自身がリミックスしたアルバム「GDM」をリリース。 音楽活動 20 周年となる 2015年よりソロプロジェクトをスタート。
クール・ジャパンを代表する人気アニメで2015年 globe と同じく 20 周年を迎える、エヴァンゲリオン主題 歌「残酷な天使のテーゼ」の English ver.(英詩カバー)を世界的に爆発的な流行となっている EDM にアレンジした楽曲を世界100カ国以上に同時リリース。
楽曲は EDMの本場ヨーロッパでレコーディング、トラック制作されており、エヴァンゲリオン主題歌の逆輸入としても注目されている。

2016年1月、3人組の新ユニット「EDO」(イー・ディー・オー)を結成。1stシングルは、滝廉太郎作曲の唱歌「荒城の月」をEDM化した「The Moon over the Ruined Castle」。
1月29日から世界38ヶ国で配信開始。




ホスピタリティ

NPO法人グリーンバード

グリーンバードとは?
「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発信のプロジェクト。

「ゴミやタバコをポイ捨てしない。」と< 宣言 >すれば、誰もがgreen birdのメンバーです。
主な活動は、「街のそうじ」。でもこれは強制じゃありません。
「街を汚すことはカッコ悪いことだ。」という気持ちを持つだけでいいのです。
個人をはじめ、ショップスタッフや企業・団体など、ただ今、プロモーションの輪はどんどん拡がっています。

合言葉は“KEEP CLEAN. KEEP GREEN
自分たちが住む街をもっとキレイで、もっとカッコイイ街にするために。


やくしま手づくり市
やくしま手づくり市

毎月第3日曜日、屋久島島内にて開催のフリーマーケット
屋久島島内で取れた様々な材料で手作りの商品や、家庭内の様々な品物を販売したり、
ワークショップの展開など島民が集まる交流市場

http://yakujinjya.exblog.jp



ACCESS to TOP

屋久島総合自然公園

Map

所在地

鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦湯ノ川

「注意事項とお願い」
会場までの道路は一部から通行止めになり、
専用の許可書が無いと車の乗り入れ等ができません。
当日は会場(自然公園駐車場)の駐車場は使用できません。
必ず<火の神公園><宮之浦フェリー乗り場>から出ている
イベント専用シャトルバスにてご来場ください。


INFO to TOP

TICKET - チケット付きツアー情報

近畿日本ツーリスト トラベルサービスセンター

TEL: 0570-064-205
FAX: 03-6730-3230


 

各種お問い合わせ

イベント情報問い合わせ窓口   info-1@yakusimatenkosai.jp
ツアー 情報問い合わせ窓口   近畿日本ツーリスト
報 道 情報問い合わせ窓口   info-2@yakusimatenkosai.jp
その他 情報問い合わせ窓口   info-3@yakusimatenkosai.jp



PHOTO to TOP

2015 Photo's

 


2013 Photo's

Festival


People


Nature of Yakushima